top of page
検索
  • 執筆者の写真Lible

【徹底解説】YouTubeで集客するには?成功事例から学ぶ7つのコツ



今回は、YouTubeを用いた集客についてお話ししたいと思います。


YouTube集客とは、YouTubeを活用して自社の商品やサービスに興味を持ってもらうことです。YouTubeは世界最大の動画プラットフォームであり、18 歳以上の国内月間ユーザー数は 7,000万人で、これは 18 歳以上の日本人の 65% 以上に該当*1します。


YouTubeは集客やブランディングに有効なツールであると同時に、競合も多く存在する激戦の場でもあります。


そこで、この記事では、YouTubeでの集客の基礎知識と成功事例を紹介します。具体的には、以下の内容について解説していきます。


  • YouTubeでの集客のメリットとデメリット

  • YouTubeを用いた集客の3つの方法とそれぞれの特徴

  • YouTubeチャンネル運用で成功した企業の事例紹介

  • YouTubeチャンネル運用で成功するための戦略とポイント


この記事を読むことで、YouTube集客に取り組む際の参考になることを目指しています。それでは、早速始めていきましょう。


参考*1:Think with Google, YouTube をマーケティングのヒントに —— トレンドが生まれ、マルチフォーマットなどで生活に定着進むhttps://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/yt-trendsreport2022/


YouTubeでの集客のメリット

まずは、YouTube集客に取り組む際のメリットとデメリットについて確認していきましょう。YouTube集客には以下のようなメリットがあります。


  • 動画コンテンツの需要が高まっている

  • ユーザー数が7000万人と多く、ファンや顧客を増やしやすい

  • 滞在時間が長く、商品やサービスの教育につながりやすい

  • 動画を資産化できる

  • 動画で認知向上できる




それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。


メリット1:動画コンテンツの需要が高まっている


YouTube集客の最大のメリットは、動画コンテンツの需要が高まっていることです。


スマートフォンやタブレットなどの普及により、動画コンテンツを手軽に視聴できる環境が整っています。


KDDI社の調査によると、スマホの主な利用用途に動画視聴と回答した人が66%です*2。また、ニールセンデジタル株式会社の調査では、スマホからの動画視聴時間は5年間(2015年-2019年)で約4倍にまで成長していることが分かりました*3


動画コンテンツは、文字や画像よりも情報量が多く、感情移入しやすいメディアです。そのため、ユーザーは動画コンテンツに対して高い関心を持ちます。


YouTube集客では、この動画コンテンツの需要を捉えて、自社の商品やサービスを魅力的に伝えることができます。




メリット2:ユーザー数が7000万人と多く、ファンや顧客を増やしやすい


YouTube集客のもう一つのメリットは、ユーザー数が多く、ファンや顧客を増やしやすいことです。YouTubeは世界最大の動画プラットフォームであり、様々なジャンルやテーマの動画が配信されています。


YouTube集客では、自社の商品やサービスに関連する動画を作成することで、ターゲットとなるユーザーにアプローチできます。また、YouTubeにはユーザーの視聴履歴や嗜好に応じて動画をおすすめするレコメンド機能があります。この機能により、自社の動画が関心のあるユーザーに表示される可能性が高まります。


さらに、YouTubeではユーザーがチャンネル登録やコメントなどでコミュニケーションを取ることができます。これにより、ユーザーとの関係性を深めることができます。



メリット3:滞在時間が長く、商品やサービスの教育につながりやすい


YouTubeを使った集客のさらにもう一つのメリットは、滞在時間が長く、商品やサービスの教育につながりやすいことです。


YouTubeの1日あたりの動画総視聴時間は、10億時間を超えています*4。滞在時間が長い分ユーザーと長い時間接触できるため、認知想起率の向上につながりやすいのが特徴です。


認知想起率とは、あるブランドや商品を思い出す確率のことです。認知想起率が高ければ高いほど、購買意欲やロイヤリティも高まります。


YouTube集客では、動画を通して自社のブランドや商品を印象付けることで、認知想起率を高めることができます。





メリット4:動画を資産化できる

YouTubeでは、動画を資産化することができます。

動画を資産化するとは、動画を一度作成すれば何度も視聴される可能性が高くなり、長期的な効果が期待できることです。


例えば、弊社で運用しているチャンネルでも2年以上前の動画がコンスタントに再生されており、見込み顧客の獲得に繋がっています。




広告などは瞬間的な効果はあるものの費用をかけるのを止めると継続的な見込み顧客へのアプローチはできません。


しかし、YouTube集客では動画を資産化できるため長期的な効果が期待できます。


メリット5:動画で認知向上できる


YouTubeでは、動画で認知を向上することができます。

質の高い、需要のある動画を投稿することでアルゴリズムが次々に新規の視聴者に動画を届けてくれます。自社の説明やサービスを紹介していくことでYouTubeで認知を向上することができます。


具体的な例については後ほど触れていきます。


参考

*2:Time & Space, 2021年度:18〜22歳のスマートフォン利用実態調査|1日の動画視聴時間は?,https://time-space.kddi.com/au-kddi/20210415/3098

*3:Nielsen, 全世代でスマートフォンがネット利用のメインデバイスに, https://www.netratings.co.jp/news_release/2019/11/Newsrelease20191121.html

*4:日本語版YouTube公式ブログ, https://youtube-jp.googleblog.com/2017/02/youtube-billion-hours.html



YouTubeでの集客のデメリット

一方で、YouTube集客には以下のようなデメリットもあります。


  • 効果が出るまでに時間がかかる

  • 撮影・動画編集・サムネ・台本などのスキルが必要

  • 競合が多く存在する


こちらのデメリットについても、詳しく見ていきましょう。


デメリット1:効果が出るまでに時間がかかる


まず、YouTubeを用いた集客のデメリットの一つは、効果が出るまでに時間がかかることです。


YouTubeは、動画の視聴回数やチャンネル登録者数などの指標に基づいて、動画を検索結果やおすすめ動画に表示します。しかし、これらの指標を高めるには、定期的に高品質な動画を投稿し続ける必要があります。


YouTubeは、新規チャンネルに対しては厳しい審査基準を設けており、広告収入を得るためには、過去12か月間で4000時間以上の総視聴時間(ショート動画の場合は直近90日間の再生数1000万回以上)と1000人以上のチャンネル登録者数を達成する必要があります。


リサーチやコンセプト設計がしっかりしていれば投稿1本目での達成は可能ですが、やみくもに投稿していては100本投稿しても達成しないでしょう。


以上のように、YouTube集客は、短期的な成果を求めることができない長期的な取り組みであると言えます。




デメリット2:撮影・動画編集・サムネ・台本などのスキルが必要



次に、YouTubeを用いた集客のデメリットのもう一つは、撮影・動画編集・サムネ・台本などのスキルが必要であることです。YouTubeは、視覚的なメディアであるため、動画の内容の質だけでなく、編集スキルや投稿の画質が低いと視聴者は離脱してしまいます。



内容の質を高めるためには台本が重要です。台本がないと、伝えるべき内容が伝わらなかったり、動画の構成や話す内容がぐちゃぐちゃになってしまう可能性があります。


また、サムネイルやタイトルも重要です。サムネイルやタイトルが魅力的でないと、視聴者は動画をクリックしません。


このように、YouTubeを伸ばすためには多くのスキルが必要とされるため全部自分で行って伸ばしていくのは大変な労力がかかります。



デメリット3:競合が多く存在する



最後に、YouTubeを用いた集客のデメリットのもう一つは、競合が多く存在することです。


YouTubeは、世界中で毎日約50億本の動画が視聴されており、約20億人の月間アクティブユーザーを持っています。このように、YouTubeは非常に人気のあるプラットフォームですが、同時に非常に競争の激しいプラットフォームでもあります。


YouTubeでは、同じジャンルやテーマの動画が数多く存在し、視聴者の注意を引くことが難しくなっています。また、YouTubeではアルゴリズムが頻繁に変更されるため、常に最新のトレンドやニーズに対応する必要があります。このように、YouTube集客は、競合と差別化することが困難な挑戦的な取り組みであると言えます。


以上がYouTube集客のデメリットについての説明です。

YouTube集客は効果的なマーケティング手法ですが、効果が出るまでに時間がかかったり、撮影・動画編集・サムネ・台本などのスキルが必要だったり 、競合が多く存在したりというデメリットもあります。


YouTube集客に取り組む際には、これらのデメリットを十分に理解し、対策を立てることが重要です。




YouTubeでの集客の3つの方法とそれぞれの特徴


YouTube集客には大きく分けて3つの方法があります。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、自社の目的や予算に合わせて選択することが重要です。以下に、それぞれの方法と特徴について説明します。



自社でYouTubeチャンネルを運用する方法

この方法は、自社で動画を作成し、YouTubeチャンネルにアップロードすることで集客を行う方法です。


この方法のメリットは、以下の通りです。


  • 動画を資産化できる

  • 動画でファン化できる

  • 動画で認知向上できる


一方で、この方法のデメリットは、以下の通りです。


  • 効果が出るまでに時間がかかる

  • 撮影や編集などのスキルが必要

  • 競合が多く存在する


YouTube広告を出稿する方法

この方法は、自社の商品やサービスを紹介する動画を作成し、YouTube上に広告として表示させることで集客を行う方法です。この方法のメリットは、以下の通りです。

  • 短期間で多くのユーザーに接触できる

  • WEBサイトへの誘導がしやすい

  • 認知向上に効果的

一方で、この方法のデメリットは、以下の通りです。

  • 広告費がかかる

  • 競合との差別化が難しい



人気YouTuberを活用したインフルエンサーマーケティングの方法

この方法は、自社の商品やサービスを人気YouTuberに紹介してもらうことで集客を行う方法です。この方法のメリットは、以下の通りです。


  • 信頼性や親近感が高い

  • 口コミ効果が期待できる

  • バズりやすい


一方で、この方法のデメリットは、以下の通りです。


  • コストが高い

  • 成果が見えにくい

  • 品質管理が難しい


以上がYouTube集客の3つの方法とそれぞれの特徴です。次章では、YouTubeチャンネル運用で成功した企業の事例紹介を行います。



YouTubeチャンネル運用で成功した企業の事例紹介

YouTubeチャンネル運用で成功した企業の事例を以下に紹介します。これらの事例は、YouTube集客のメリットやポイントを具体的に示すものです。参考にしてください。



大工の正やんの事例




現役大工の方が運営するYouTubeチャンネルです。

YouTubeの発信により認知が拡大し様々なキャッシュポイントを生んでいるチャンネルになります。


・大工やDIYをしたい人にはスキルアップができるようなメンバーシップ

・リフォームを考えている人にはリフォームの案件

・それ以外のファンにはECサイトでまな板の販売


本業のリフォーム案件の獲得もかなりの数来ていると考えられるため、YouTubeを活用することで、営業方法をアウトバウンド型からインバウンド型に移行できた好例と思われます。


L'OPERAIO Channel の事例



L'OPERAIO Channel は輸入中古車販売専門店のチャンネルです。競争の激しい中古車のジャンルでも高級車に特化してチャンネルを統一させています。


正しく情報を伝え、豊富な情報を提供することで実際に動画を通して高級車が売れることもあるとのこと*5。取り扱う車は、500万円〜高いものでは5億円もしますが、YouTubeで視聴者の購買欲を高め、実際に購入してもらえるのはさすがですよね。


他のYouTuberとのコラボの動画も多くだしており、認知の拡大に繋がっています。



ながの社長のハッピーチャンネル の事例




ながの社長のハッピーチャンネル は料理のショート動画がメインのチャンネルです。ながの社長は15種類の建設業許可を持つ総合建設業「株式会社リンクロノヴァ」の社長であり、業務とは全然関係のない投稿になっています。


しかし、登録者数100万人以上・累計再生数11億回以上という圧倒的なリーチ数で本業の売上も増加しているとのこと。


もし、YouTubeをやりたくても本業の需要が少ないジャンルの場合は「オフィス×料理」という異色の組み合わせで登録者数を伸ばしたながの社長を参考にしてみてはいかがでしょうか?


参考*5:ENILNO, なぜ数千万円の輸入中古車が動画で売れるのか? YouTube「ロペライオチャンネル」の戦略を聞いた, https://enilno.jp/all/loperaio-channel.html



YouTubeチャンネル運用で成功するための戦略とポイント

最後に、YouTubeチャンネル運用で成功するための戦略とポイントについて紹介します。YouTube集客に取り組む際には、以下の7つのポイントを押さえることが重要です。


  • ターゲットを明確にする

  • 動画のテーマを統一する

  • 投稿する動画の需要をリサーチする

  • タイトルとサムネイルを工夫する

  • 動画の内容と長さを最適化する

  • コンスタントに更新する

  • 分析と改善を繰り返す

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。


①ターゲットを明確にする

YouTubeチャンネル運用で成功するためには、まず自分の動画が誰に向けられているのか、ターゲットを明確にすることが必要です。ターゲットを絞ることで、動画のテーマやトーン、スタイルなどを決めやすくなります。


ターゲットを設定する際には、以下のような要素を考慮してください。


a, 年齢層

YouTubeのユーザーは10代から60代まで幅広い年齢層に及びますが、特に20代から40代が多く利用しています。そのため、自分の動画がどの年齢層に訴求するかを考えることが重要です。


年齢層によって、動画のテーマやトーン、スタイルなどに違いがあります。例えば、若いユーザーはトレンドやエンタメに興味があることが多く、明るく楽しい動画を好む傾向があります。


一方、年配のユーザーは教育や健康に興味があることが多く、落ち着いた雰囲気の動画を好む傾向があります。


b, 性別

YouTubeのユーザーは男女ともに利用していますが、男性の方が若干多いです。そのため、自分の動画が男性向けか女性向けか、または両方向けかを考えることが重要です。


性別によって、動画のテーマやトーン、スタイルなどに違いがあります。例えば、男性はスポーツやゲームなどの趣味系の動画に興味があることが多く、シンプルで分かりやすい動画を好む傾向があります。


一方、女性はファッションや美容などのライフスタイル系の動画に興味があることが多く、華やかで感性的な動画を好む傾向があります。


c, 関心分野

YouTubeのユーザーは様々な関心分野を持っています。


YouTubeはユーザーの視聴履歴や嗜好に応じて動画をおすすめする機能を持っているため、自分の動画がどんな関心分野に関連するかを考えることが重要です。




以上がターゲットを明確にするポイントです。


YouTube集客ではターゲットを絞ることで効果的な動画作りができます。

年齢層・性別・関心分野に合わせて、動画のテーマやトーン、スタイルなどを決めて、ターゲットに響く動画を作りましょう。


②動画のテーマを統一する

自分の発信したい内容を発信しても視聴者は見てくれません。

投稿する動画のジャンルやコンセプトを絞って、動画を公開していくことが大事です。


・様々なジャンルの動画を出した方が長い目でみたら流入経路が増えそう

・いろいろ発信したいことがあるので統一できない


という方はお気を付けください。

基本的に後発組の場合はランチェスター戦略に則り市場を絞って攻めていくことが有効になります。


③投稿する動画の需要をリサーチする


ここが一番重要です。


自分で伸びそうだからと何となく投稿するのは止めてください。

時間とお金を無駄にしてしまいます。


投稿したい動画のテーマからキーワードを抽出してYouTube検索でしっかり検索してください。


再生数>登録者数


となっている動画が複数あるテーマの動画が伸びやすいです。

全く同じ切り口では伸びないので伸びている要素を抽出して切り口を変えて動画を投稿してみましょう。




タイトルとサムネイルを工夫する


サムネイルとタイトルは、動画の内容や魅力を伝える最初のチャンスです。

どんなに質の高い動画を作っても見られなければ意味がありません


視聴者の興味や好奇心を引くような、魅力的でユニークなサムネイルとタイトルを作ることで、クリック率が上げていきましょう。



チャンネル全体でサムネの統一感を持たせることで視聴者にチャンネルを認知してもらいやすいのでテイストを揃えていくことが大事です。


また、検索での拡大を狙いたい場合はタイトルの先頭の方にキーワードを持っていくことが重要です。そうでない場合は、続きが見たくなるようなタイトルを付けるように心がけましょう。


どのようなサムネとタイトルを付けるかは実際に伸びている動画を参考にしていくといいです。


ただし、内容に沿わない釣りサムネ・釣りタイトルは逆効果になるので注意が必要です。



⑤動画の内容と長さを最適化する


YouTubeチャンネル運用で成功するためには、動画の内容と長さを最適化することが必要です。


動画の内容と長さは、ユーザーの視聴維持率に影響します。


視聴維持率とは、動画のどのくらいの部分をユーザーが視聴したかを示す指標です。

視聴維持率が高く、動画の再生時間が長くなるほど、YouTubeのアルゴリズムに評価されやすくなります。


最適な動画の長さは動画の内容によって変わります。


5分で話せる内容を15分に伸ばすのは間延びした内容になってしまいNGですし、キチンと説明するのに15分かかる動画を5分で説明してしまうと内容が伝わらない可能性が出てきてしまいます。


動画の内容に合わせた尺にするといいでしょう。



⑥コンスタントに更新する


YouTubeチャンネル運用で成功するためには、コンスタントに更新することが必要です。


コンスタントに更新することで、以下のようなメリットがあります。


  • ユーザーの期待や信頼を高める

  • YouTubeのアルゴリズムに評価されやすくなる

  • 動画の資産化効果を高める


コンスタントに更新する際には、以下のようなポイントを押さえてください。


・ 更新頻度は週1回以上を目安にする

更新頻度は、ユーザーの視聴習慣や動画の内容によって異なりますが、一般的には週1回以上が最適とされています。週1回以上更新することで、ユーザーに定期的に動画を提供することができます。また、YouTube検索のアルゴリズムは新しい動画を優先的に表示する傾向があるため、チャンネル運営初期のYouTube検索に表示させたいときは定期的に新しい動画を出すことがポイントになります。


・更新日時はユーザーの視聴傾向に合わせる

更新日時は、ユーザーの視聴傾向に合わせることが重要です。ユーザーの視聴傾向は、年齢層や性別、関心分野などによって異なります。例えば、若いユーザーは夜間や休日に動画を視聴することが多いです。一方、年配のユーザーは昼間や平日に動画を視聴することが多いです。


YouTubeでは、自分のチャンネルの分析データを見ることができます。このデータを参考にして、ユーザーの視聴時間帯や曜日などを把握しましょう。そして、その時間帯や曜日に合わせて動画を更新することで、ユーザーの視聴率を高めることができます。

以上がコンスタントに更新するポイントです。YouTube集客ではコンスタントに更新することでユーザーの期待や信頼を高めることができます。


⑦分析と改善を繰り返す


YouTubeチャンネル運用で成功するためには、分析と改善を繰り返すことが必要です。分析と改善を繰り返すことで、以下のようなメリットがあります。

  • ユーザーのニーズや反応を把握できる

  • 動画の品質や効果を向上できる

  • YouTubeのアルゴリズムに適応できる

分析と改善を繰り返す際には、以下のようなポイントを押さえてください。


・YouTubeの分析ツールを活用する

YouTubeでは、自分のチャンネルの分析データを見ることができます。


このデータには、動画の再生回数や視聴時間、クリック数、インプレッション数、視聴継続率、登録者数やコメント数などの様々な指標が含まれています。


これらの指標を参考にして、動画のパフォーマンスやユーザーの傾向を分析しましょう。


・ユーザーのフィードバックを参考にする

ユーザーのフィードバックは、動画の改善に役立つ貴重な情報です。

ユーザーのフィードバックには、コメントや評価、シェアなどがあります。


これらのフィードバックを受け入れて、動画の内容や長さ、タイトルやサムネイルなどを改善しましょう。


ただし、コメント内容を全部反映させる必要はありません。


YouTubeのトレンドや変化に対応する


YouTubeは常にトレンドや変化に富んだプラットフォームです。

YouTubeでは、人気のジャンルやテーマ、キーワードやタグなどが変わることがあります。


また、YouTubeのアルゴリズムも時々変更されることがあります。

これらのトレンドや変化に対応することで、動画の露出や評価を高めることができます。


以上が分析と改善を繰り返すポイントです。

YouTube集客では分析と改善を繰り返すことで動画の品質や効果を向上できます。



まとめ

この記事では、YouTube集客について以下の内容を紹介しました。


  • YouTube集客のメリットとデメリット

  • YouTube集客の3つの方法とそれぞれの特徴

  • YouTubeチャンネル運用で成功した企業の事例紹介

  • YouTubeチャンネル運用で成功するための戦略とポイント


YouTubeでの集客は、多くのメリットがありますが、デメリットも無視できません。


そのため、自社の目的や予算に合わせて適切な方法を選択し、戦略的なアプローチが必要です。


少ない投稿本数で結果を最大化していくためにお役に立てればと思います。



弊社ではYouTubeの集客に関する30分~の無料相談を行っております。

今回の記事で分からない点、気になる点等がありましたら是非一度お声がけください。



Comments


bottom of page